ライティング&レンダリング

ルックデベロップメントとライティングは、パイプラインのバックエンドで重要な役割を果たします。このプロセスには、シーン構成やライティングなどのクリエイティブな作業と、アセットやショットの管理といった機械的処理が含まれます。プロセスを通して多くの微調整や変更が発生し、それらは迅速に対応されなければなりません。Houdiniのプロシージャルなアプローチは、シーンの構成作業からコンポジティングに至るまでのその後のプロセス管理に最適です。プロセスの過程で、HoudiniのMantraやサードパーティのレンダラを使い、ショットのルックを完成させることができます。

Houdiniのノードベースのワークフローは、パイプラインのバックエンド作業においてデータの自然な流れを形成します。静的、あるいはアニメーションされたジオメトリをインポートして、アーティスト指向のノードのネットワークに流し込みレンダリングが行えます。モデルやアニメーションに加えられた変更は、同一ネットワークを介して自動的に伝播します。技術的詳細は迅速に処理され、日々の業務で大量のコーディングに頼る必要はなくなります。こうしたアプローチは、映画、テレビ番組のVFX、あるいはハイエンドのテレビCMなどあらゆる分野に多くの利点をもたらし、これまでになく容易にショット制作をスケジュール通りにこなすことができるようになります。

 

シーンの構成

ショットの構成要素を統合し、製作プロセスを通して管理を行うことは、ライティングパイプラインを成功に導くうえで非常に重要です。Houdiniでは、デジタルアセットを利用して、ジオメトリやマテリアル、テクスチャ、モーションを単一ノードにカプセル化し、複数のシーンで確実に参照することができます。デジタルアセットはプロダクションチーム全体で共有でき、変更に応じた更新が容易に行えます。

さらにHoudiniは、独自のbgeo、FBX、あるいはAlembic形式で保存されたジオメトリキャッシュをサポートしています。また、UIなしのHoudini Batchを使い、デジタルアセットを統合してシーンファイルを構成する外付けのアセット管理ソリューションを構築し、レンダリング時のフレキシビリティを最大限に引き出すことができます。

ノンリニア ライティング ワークフロー

Houdiniでは、ライトもデジタルアセットとしてセットアップし、プロダクション全体で共有することが可能です。ライトをカスタムツールにまとめ、シニアアーティストが全体の方向性を決定し、若手アーティストが一つ一つのショットに微調整を加えることが行えます。このため、繰り返し作業を可能にすると同時に、最終結果の管理も容易になります。アセットは簡単に更新可能で、関連するすべてのショットに伝播されます。

制作実績を持つMantra

Mantraは、従来のスキャンライン法と物理学に基づいたより精確なアプローチを組み合わせた、ハイブリッド型レンダラです。Houdiniのインタラクティブなシェーダビルダーを使ってマテリアルをセットアップし、高速モーションブラーや被写界深度、サブサーフェス スキャタリングにより、非常にリアルな質感を生成することができます。

また、HoudiniとMantraを用いて3D立体画像のレンダリングも行えます。立体カメラを使ってショットをセットアップし、適当な軸間距離を決定します。絶えず新作が発表される3D映画の現状のもとでは、使用している3Dアプリケーションで適切な判断を行えることが重要です。

ボリュームレンダリング

HoudiniがVFXツールとして高く評価されると同様に、Mantraはボリュームレンダリングに最適なソリューションです。煙や炎のシミュレーションで生成されることの多いこうした3次元グリッドには、密度や熱、あるいは温度といった重要な情報が包含されています。Mantraは、こうした情報を基に高品質なレンダリング画像を生成します。ボリュームの内部にポイントクラウドを生成してサブサーフェススキャタリングを追加し、内部からエフェクトのライティングが行えます。また、エッジのフィルタリングの制御が可能で、ボリュームのレンダリング結果の強弱を調整することができます。

マルチレンダリングエンジン

Houdiniのオープンアーキテクチャは、複数のレンダリングエンジンを扱えるように設計されています。ノードベースのRSLシェーダビルダーなど、Pixar RenderManの機能をビルトインサポートしています。SOHOと呼ばれるPythonベースのバックエンドにより、必要に応じて好みのレンダラーに接続することができます。一度レンダラーに接続してしまえば、Mantraや他のレンダラ―によって同一ショットに属する異なるレンダーレイヤを出力するのと同じワークフローを用いて、Houdiniでショットのセットアップが行えます。

サードパーティレンダラ―の使用を決断している場合でも、無制限のMantraトークンを使用してターンテーブルアニメーションやテストショットを作成した後、同様のユーザエクスペリエンスを使用して、選択したレンダリングソリューションに最終出力を作成することが可能です。その過程で、Mantraから思い通りの出力結果が得られ、最終ショットとして使用することができる場合もあります。

合成処理を易しく

Houdiniでは、さまざまなイメージプレーンやAOV  (Arbitrary Output Variable) を用いてレンダーパスを出力することができます。Depth (奥行き) からDiffuse (拡散)、Reflect (反射)、Refract (屈折)に至るまで、Houdiniはライト単位でショットを分解することができ、合成作業において最大限の柔軟性を発揮します。さらに、マテリアル内にカスタムアトリビュートをセットアップしてカスタムイメージプレーンとして出力し、合成処理が行えます。ショット各部のレンダリング時間や効率などの情報を取得できるDiagnostic Channel機能も搭載しています。

堅牢なバックエンドツール

デジタルアセットを利用して、バックエンドでショットの管理や出力の最適化を図ることができます。遅延ロードアーカイブにより、レンダリング時にジオメトリを入力してメモリ管理を行い、無制限の複雑さにも対応することが可能です。Houdiniは、ポイントインスタンスや毛髪や動物の毛のプロシージャルレンダリングもサポートしています。

Houdiniはすべての製品に無制限のMantraトークンが搭載されており、ファームの読み込みの効率化が簡単に図れます。その後、HoudiniのHQueueかあるいはさまざまなサードパーティのレンダーファームソリューションを用いて、レンダリングの分散処理が行えます。またHQueueにより、Amazon EC2 cloudに接続し、必要に応じてレンダリングを実行することができます。

シーンライティングにおけるHoudiniとMantraの活用法を知っていただくために:

シーンライティングにおけるHoudiniのプロシージャル手法の利点をお試しいただくためには、評価や学習、実際のプロジェクト開発にHoudiniのパーソナルツールをご使用いただくか、Side Effects (info-jp@sidefx.com) にお問い合わせください。お客様のニーズをお聞きしたうえで、オンラインデモンストレーションをご提供することも可能です。Houdiniはさまざまなかたちでの作業支援が行えます。私たちは、お客様が日々の作業においてさらなる生産性の向上を図るためのお手伝いをいたします。