Notice: Undefined index: option in /home/sites/heteml/users/i/n/d/indyadmin/web/sidefxjp/components/com_content/views/article/view.html.php on line 198

Notice: Undefined index: option in /home/sites/heteml/users/i/n/d/indyadmin/web/sidefxjp/components/com_content/views/article/view.html.php on line 207

Notice: Undefined index: option in /home/sites/heteml/users/i/n/d/indyadmin/web/sidefxjp/components/com_content/views/article/view.html.php on line 207
  • Entitlement (所有権)
  • Redeem (引き換え)
  • License (ライセンス)
  • License Administrator (ライセンス アドミニストレータ)
  • hkey
  • hserver
  • Server Code (サーバ コード)
  • sesinetd
  • License Server (ライセンス サーバ)
  • sesictrl
  • License Diagnostic (ライセンス診断)
  • Token (トークン)
  • Floating License (フローティング ライセンス)
  • Workstation License (ワークステーション ライセンス)
  • Subnet (サブネット)

    ライセンス用語集

    Entitlement (所有権)

    Entitlement (所有権) とはマシンにインストールする権利が与えられたというライセンスの「証明書」です。 この所有権は、新しいライセンス、既存のライセンスの延長/アップグレード/増分に対して発行されます。

    所有権はライセンスを発行するシステムにログインしそれらを引き換える時にライセンスに変換されます。 所有権を引き換える際、特定のサーバ マシンに接続しそのコンピュータ固有のライセンスに変換します。 さらに、ライセンスは有効期限 (もしあれば) があり、購入日ではなく引き換え日に基づいて計算されます。

    これは映画のチケットのようなものです。 チケットは映画自体(に対して支払ったこと)ではありませんが、映画館に行って映画を見ることができます。 同様に、Entitlement はライセンスではありません (これで Houdini を実行できるわけではありません)が、これで Side Effects Software 社からライセンスを取得することができます。

    Redeem (引き換え)

    ライセンスの引き換えとは実際のライセンスに所有権を引き換えることを意味します。 これは License Administrator を使用して、もしくは http://license.sidefx.com から手動で行うことが出来ます。

    ライセンスを引き換えた後は (例えば、所有権をライセンスに引き換える)、所有権はライセンスを返却しない限り無効となり再度使用することは出来ません (なぜなら所有権はライセンスに変換されたので)。

    License (ライセンス)

    ライセンス サーバ上にあり、指定された数の Houdini 製品が実行できるようにする、インストールされたデータの一片です。

    ライセンスはひとつのライセンス サーバ上でのみ有効となるよう作成されます。

    ユーザはトークンとライセンスを混同することがあります。ライセンスとは特定の製品を供給/使用することを許可するだけです。「Token (トークン)」とは X 本のプロダクトを同時に異なるマシンで実行できるということです (ワークステーション ライセンスではない場合)。

    例えば、Houdini FX のライセンスひとつで 10 個のトークンを持つことができます。
    これは、この Houdini FX のライセンス一つで 10 台のマシンで同時に使用できるということを意味します。

    ライセンスは数種類あります:

    • Server license (サーバ ライセンス)
      これはマシンがライセンス供給することを許可します。プロダクト ライセンスが最初にインストールされると自動的に生成されます。
      このライセンスは SERVER というキーの文字列で始まります。
    • Product license (プロダクト ライセンス)
      あらゆる Houdini プロダクトにおける、主要のライセンスのタイプです。このライセンスはトークン数、IP マスクや有効期限など、様々なものを含みます。
      このライセンスは LICENSE というキーの文字列で始まります。
    • Upgrade license (アップグレード ライセンス)
      既存のプロダクト ライセンスから Houdini の新しいバージョンのライセンスにアップグレードします。例えば、9.0 から 9.1 にアップグレードする場合です。
      このライセンスは UPGRADE というキーの文字列で始まります。
    • Extension license (延長ライセンス)
      既存のライセンスの有効期限をそれより先の日時に延長します。
      このライセンスは EXTEND というキーの文字列で始まります。
    • Increment license (増加ライセンス)
      既存のライセンスのトークン数を増やします。
      このライセンスは INCREMENT というキーの文字列で始まります。

    License Administrator (ライセンス アドミニストレータ)(別名: hkey)

    License Administrator はインストール済ライセンスの状態の確認、新しいライセンスのインストール、ライセンスの返却、ライセンスの問題の診断が可能なグラフィック ユーティリティです。 実際の暗号化されたキーの文字列は表示されません。

    所有権をインストールしたり既存のライセンスを返却する際、License Administrator を使用すれば、サーバ名と Side Effects Software 社へのサーバ コードを送るだけで簡単にライセンスをインストールできます。ライセンス管理には License Administrator の使用を推奨いたします。

    License Administrator の使用方法はこちらを参照してください。

    Hkey

    License Administrator を参照してください。

    hserver

    ライセンスを取得するためライセンス サーバと通信するユーザ マシン上の補助プログラムです。 Houdini がアーティストのマシンで起動されると、マシン上の hserver にライセンスの取得を要求します。 続いて hserver はライセンス サーバにライセンスの要求をします。

    各バージョンに対し一本の hserver が、それぞれのマシンで同時に稼動している必要があります。

    Windows では、このプログラムはサービス内で Houdini サーバとして起動・停止することが可能です。

    Server code (サーバ コード)

    ライセンス システムにあるマシンを認識させるための固有のコードです。 ライセンスが作成される場合、ひとつのサーバ コードに対してのみ有効です。

    sesinetd

    ライセンス サーバを参照してください。

    License Server (ライセンス サーバ)

    (別名 sesinetd)

    ライセンスを提供するプログラムです。 ライセンスがどれだけ利用可能か、どれだけ使用されているかを記録しています。

    Windows 上では、このプログラムはサービス内で Houdini License Server として起動・停止することができます。

    sesictrl

    グラフィック表示でのLicense Administrator (hkey) が使用できない場合、ライセンスを管理するコマンドライン ユーティリティである sesictrl を利用することができます。 詳細は FAQ の ライセンス管理の章の How do I use sesictrl? (sesictrl の使用方法は?) を参照してください。

    License Diagnostic (ライセンス診断)

    サーバもしくはクライアントマシン上でのライセンスの問題に陥った場合、Side Effects Software 社のサポート チームに診断情報を送付することができます。 このファイルは問題を分析および解決するためのライセンス設定の詳細情報を含んでいます。 詳細は FAQ のライセンス管理の章の What do I do if I'm having license trouble? (ライセンスのトラブルがある場合はどう対処すれば良いですか?) を参照してください。

    Token

    各ライセンスは同時に起動可能な Houdini プロダクトの本数を指定しています。 この数値を「トークン」と呼んでいます。 例えば、ある一つの Houdini FX のライセンスが同時に20本の実行が可能だとします。 このライセンスは 20 トークンを持つと言えます (あるいは同じライセンス ID を持つ FX が20本あるとも言えます)。

    同一マシン上で、Houdini FX、Houdini、Houdini Batch を何本起動したとしても一つのトークンが使用されます。

    例えば、あるスタジオで 20 本の Houdini FX を所有していて、ある一つのワークステーション上で 2 つの Houdini FX が稼動しているとします。これは 単一のローカルマシン上で FX を起動しているので、Houdni は 20 のうちの 1 つのトークンを使用していることになります。 この環境では他のクライアントが (別々のマシンで) 19 個のトークンを使用することができます。

    Mantra は、バージョン13.0.301より、Houdini 同様一つのマシンで一つのトークンだけを消費するようになりました。

    Floating License (フローティング ライセンス)

    フローティング ライセンスとはネットワーク ライセンスのことです。 ネットワーク上で使用され、ネットワーク上の任意のクライアントがトークンを取得できるようにしています。

    Workstation License (ワークステーション ライセンス)

    ワークステーション ライセンスはインストールされたマシンでのみ利用できます。 ネットワーク上では使用できません。 サーバ用とクライアント用のソフトウェアの両方がインストールされ同一マシン上で利用されます。

    Subnet (サブネット)

    (ネットワーク) ライセンスは、特定のネットワーク クラスあるいは特定のネットワークのリストで使用されるように発行することも出来ます。

    ワークステーション ライセンスは「+.+.+.+.」のサブネット マスクを持ちます。 これはつまりライセンスをインストールしたマシンのみでソフトウエアが実行されるということです。

    「+」はアドレスのネットワーク部分に相当します。

    フローティング ライセンスは異なるサブネットの種類を持つことが可能です。

    • class C = +.+.+.* (例: 192.168.5 network)
    • class B = +.+.*.* (例: 192.168 network)
    • 特定のネットワークのリスト (例: 192.168.*.*, 10.1.*.* 等)

    デフォルトでは、特に指定がない限り、クラス C のマスク キーで発行されます。

    Class A (+.*.*.*) のライセンスは通常では発行されません。 アカウント管理者に問い合わせてください。

    無制限ライセンス (*.*.*.*) が発行されることはありません。