どのCGプロジェクトにおいても、バックエンドでは、ライトやジオメトリ、エフェクトをレンダリングを行っています。Houdiniでは、Mantraと呼ばれるパワフルな内蔵レンダリングソリューションや、フルサポートしているさまざまなサードパーティのレンダリングオプションを利用することができます。Houdiniは、どのルートを選択しても、レンダーレイヤーをまとめ、確実にファームに送るための理想的な環境を実現します。

制作に耐えるMantra

Mantraによるレンダリングパイプラインのパフォーマンスの利点は、ますます多くの制作現場で認められつつあります。基盤となる強力なシェーディング言語や、マイクロポリゴン、レイトレーシングあるいは物理学に基づいたレンダリング(PBR)からの選択が可能で、ユーザがMantraの利便性について理解するのに時間はかかりません。HoudiniあるいはHoudini FXに搭載された無制限のMantraトークンにより、Mantraはより魅力的なオプションになっています。

最高水準のRenderManをサポート

Houdiniを用いて、Pixar RenderMan®や、RenderMan準拠のレンダラーに対し、強固に統合をインターフェースでき、ノードベースのRenderManシェーダビルダーを使ったシェーダ構築や、3Dビューポート内でのテストレンダリングの確認が行えます。

あらゆるレンダラーに対応

Houdiniはさらにmental ray™やMaxwell™などのサードパーティレンダラーに統合サポートを提供します。新たなPythonサポートにより、レンダラーの種類に関わらず、独自のフックを簡単に書くことができます。

Mantraのレンダリングタイプ

  • マイクロポリゴンレンダリング - レイトレースによる反射、屈折および影をサポートする、ハイブリッド型スキャンライン レイトレースレンダラーです。
  • レイトレーシング -高精度の反射、屈折そして影の生成が行え、インスタンスしたオブジェクトを超高速でレンダリングします。
  • 物理学に基づいたレンダリング - Houdini 9から搭載されている新しいレンダリングエンジンにより、複数の拡散反射を扱う複雑なグローバルイルミネーションを実現できます。
  • ディープシャドウマップやモーションブラーを実装した新しいボリューメトリックレンダラーを用いて、フルイドベースの煙や雲のエフェクトをレンダリングすることができます。
  • ガイドヘアやペイントされたグルーミングアトリビュートにより、ファーをプロシージャルにレンダリングすることができます。

レンダリングの制御

  • フリップブックレンダリングを生成し、アニメーションの迅速な確認やアニマティクスに活用することができます。
  • ビューポート内でRender Regionツールを使って、素早くインタラクティブなフィードバックが得られます。
  • ローポリゴンのメッシュを、クリックひとつで、滑らかなサブディビジョンサーフェスのようにレンダリングすることができます。
  • 複数レンダーパス対応のテイク機能を搭載しています。
  • リモートレンダリング機能に対応したマルチスレッド出力が可能です。
  • オプションのレンダリングのOpenGLによる加速化が図れます。
  • アーティストが、スーパーサンプリングやシェーディングのクオリティ、ディザリングのレベルを制御することができます。
  • グローバルイルミネーションを使用した複雑なシーンのフォトンマップを、簡単に作成することができます。
  • レンダー出力ノードを用いて、複雑なレンダーのディペンデンシー(従属性)ネットワークを構築することができます。
  • ディープカメラマップは、すべての深度値の不透明度などの変数を記録するため、レンダリングされたボリュームを扱う作業に最適です。

3Dモーションブラー

  • トランスフォーメーションとデフォメーションのモーションブラーをサポートしています。
  • フレーム単位でトポロジーを変形する、速度ベースのデフォメーション機能を搭載しています。
  • Motion Factorにより、モーションブラーのレベルに応じて、シェーディング品質を抑えることができます(モーションブラーを使うと、モーションブラーを使わないフレームよりレンダリング時間が早くなる可能性があります)。
  • マルチセグメントモーションブラーをサポートしています。
  • モーションブラーエフェクトの中心を制御することができます。
  • HoudiniのカメラとMantraのモーションブラーは、密接に結びついています。

被写界深度

  • 正確な3D被写界深度をサポートしています。
  • 被写界深度のレベルに応じてシェーディング品質を抑えることができるMotion Factorをサポートしています。
  • インタラクティブなビューポートで、フォーカスの距離や領域の制御が行えます。

シャドウ

  • 物理的に正確なシェーディングと、半透明な影の再現が可能なレイトレースシャドウをサポートしています。
  • 高速で質の高いシェーディングと、半透明な影の再現が可能なデプスマップシャドウをサポートしています。

Mantraのプロシージャル

  • MantraのプロシージャルはC++で書かれているため、レンダラー機能の拡張が行えます。HoudiniのHDKと同じジオメトリライブラリを使用しています。

サブサーフェス スキャタリング

  • サブサーフェス スキャタリング エフェクトのシミュレーションに活用できる、ポイントクラウド テクスチャをサポートしています。Scatter SOPを使って、サーフェスの表面にポイントクラウド テクスチャを分散させることができます。

サードパーティベンダのレンダリングをサポート

  • RenderManを強力にサポートしています。
  • RenderManシェーダの記述が統合されています。
  • イメージをプレビューで確認することができます。
  • スクリプトの記述が可能です。
  • Houdiniの次のバージョンを待たずに、RenderManの最新機能を素早く統合することができます。

SOHO - Python出力ドライバ

  • C++コードを書かずに、サードパーティレンダラーのサポートを拡張することができます。
  • IFD、あるいはRIBファイルを生成する際の内容を可視化することができます。
  • SOHOにより、レンダー出力ドライバを利用して、あらゆるRIBやMIジェネレータがサポートするオプションやアトリビュートの一つ一つにアクセスすることができます。
  • レンダーレイヤーは、Houdiniのテイク機能によって完全にサポートされています。
  • 多くの場合は外部プログラムを用いて、複数のレンダー出力ノードをドライバとして使用し、シーン記述ファイルをさまざまなフォーマット(MantraのIFD、RenderManのRIB、Mental RayのMIなど)で生成することができます。

ライトの管理

  • ライトのパラメータからシェーダ定義を切り離し、あらゆるサポートレンダラ―に対応する同一インターフェースを使用することができます。
  • SOHOのPythonフロントエンドを用いて、既存のライトインターフェースを使用、拡張し、新たなレンダラ―やレンダリング機能をサポートすることができます。
  • Houdini内のあらゆるライトは、Digital Assetに取り込んで簡単にカスタマイズが行えます。

サポートファイルフォーマット

  • ネイティブフォーマット:Houdiniの.picフォーマット – ネイティブのHoudiniディープラスターファイルフォーマットは、ピクセル単位で無制限にプレーンを保存可能です。
  • EXR、Abekas、Alias .pix、BMP、Cineon、JPEG、PRISMS .pic、RLA、Softimage .pic、SGI、Targa、Tiffをサポートしています。