CCボタンをクリックして、日本語サブタイトルをオンにしてご覧ください。

H13 Masterclass | Bullet

このマスタークラスは、3Dソフトウェア開発者であるCameron Whiteにより提供され、Houdini 13におけるBulletソルバへの重要な2つの追加機能について説明しています。

RBDパックオブジェクトは、新しいオブジェクトの表現方法で、大量のオブジェクトを効率よく格納し、処理速度と必要メモリ量を向上させ、Bulletソルバの拡張性に寄与しています。このマスタークラスではさらに Bullet シミュレーションへの新しいアプローチと、このバージョンより可能となった新しいワークフロー(POPノードを利用した RBD オブジェクトの操作など) を紹介しています。

もう一つの主要トピックは、コンストレインネットワークで、これは、グルー、スプリング、ピンなど、あらゆるタイプの RBD コンストレインをプロシージャルに生成することを可能にします。ここで紹介されることには、コンストレインネットワークジオメトリの作成、Connect Adjacent Pieces SOP ノードについて、SOP ソルバを利用したシミュレーション中のコンストレインの変更や切断などです。